10月3日(木)横浜会場 環境影響評価研修参加申込フォーム

登緑〆切: 2019年10月1日(火)
環境アセスメントの実施にあたっては、最新の環境影響評価制度の動向や科学的知見の進展等に関する幅広い知識とそれに応じた技術を備えている必要があります。そこで、環境省では全国4カ所(札幌市・横浜市・神戸市・福岡市)で環境アセスメント実務担当者等向けに研修を開催することといたしました。
ここでは、アセス図書の概要、制度に係る最新の動向、及び技術手法を中心とした技術的な動向の説明、並びに参加者同士の意見交換会を行います。
主催:環境省
定員:100名(意見交換会50名)
参加費:無料
(受講証明書が必要な方は、当日会場で発行します。)

横浜会場:横浜市開港記念会館 2階 6号室
〒231-0005:横浜市中区本町1丁目6番地
アクセスマップはこちらから(https://www.city.yokohama.lg.jp/naka/madoguchi-shisetsu/riyoshisetsu/kaikokinenkaikan/acces.html

* は必須項目です


*次のカリキュラムに参加しますか(10:10から30分間は初心者向けの講義になりますので、10:50からの参加でも構いません)

09:30~   受付
10:00~10:10 開講挨拶/環境省 関東地方環境事務所環境対策課
10:10~10:40 環境影響評価制度概要とアセス図書/ (一社)日本環境アセスメント協会 主任研究員
10:50~12:10 環境影響評価法を巡る最近の動向/ 法政大学 社会学部 教授 田中 充
12:10~13:00 昼休み
13:00~14:20 環境影響評価の技術的動向(自然環境)/ 水産研究・教育機構 中央水産研究所 主任研究員 赤松 友成
14:30~15:50 環境影響評価の技術的動向(生活環境)/ 龍谷大学 理工学部 環境ソリューション工学科 教授 市川 陽一


*次の意見交換会に参加しますか

16:00~17:40 意見交換会「再生エネルギー施設の円滑な導入」/(一社)日本環境アセスメント協会主任研究員

※意見交換会は、6人程度のグループに分かれてテーマに沿ってディスカッションしていただきます。専門的見地からの意見を求めるのではなく、参加者同士の様々な考え方や立場の異なる人との交流で、今後のコミュニケーションの幅を広げてもらうことをねらいとしています。そのため初心者の方にも参加していただけます。


*氏名(漢字)
 名

*氏名(フリガナ)
 名

*所属会社・団体名

所属部署・役職

*実務経験年数

*メールアドレス

(確認用)

*連絡先TEL
- -

*所在地
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名

その他連絡事項・備考