2021年10月11日(月)開催 令和3年度環境影響評価研修 第2回「アセス技術:生活環境」(一般向け)

環境アセスメントの実施にあたっては、最新の環境影響評価制度の動向や科学的知見の進展等に関する幅広い知識とそれに応じた技術を備えている必要があります。そこで、環境省では環境アセスメント実務担当者等向けに研修を開催することといたしました。今期はオンライン開催でテーマ別に4回、対面での意見交換会を1回実施いたします。
今回はその第2回目、オンライン開催でテーマを「アセス技術:生活環境」として参加の募集をいたします。

環境影響評価研修 第2回 「アセス技術:生活環境」(一般向け)

令和3年10月11日(月) 9:30~16:25

9:10~ 受付開始
9:30~9:40 開講挨拶 /環境省環境影響評価課
9:40~11:00 生活環境項目に係るアセス技術(水質)
/ 佐々木 淳(東京大学大学院 新領域創成科学研究科 教授)
11:10~12:30 生活環境項目に係るアセス技術(騒音)
/ 落合 博明((一財)小林理学研究所 協力研究員)
12:30~13:30 (昼休み)
13:30~14:50 廃棄物・温暖化に係るアセス技術
/ 池本 久利((一財)日本環境衛生センター東日本支局 環境事業本部 環境事業第三部循環社会推進課 課長)
15:00~16:20 コミュニケーション「より良い事例紹介」
/ 宮下 一明(環境アセスメント学会 常務理事)
16:20~16:25 閉講挨拶

 

主催:環境省
定員:200名(先着順)
最終締切日:2021年10月4日 (月)
参加費:無料(通信にかかる費用はご負担願います)
※研修はWEB会議システム(Zoomウェビナー)を使って行います。
※参加に年齢や経験年数の制限はありません。どなたでも受講できます。
※申込者1名ごとに、PC1台の接続(1台を複数人で視聴されることは可能)に限定させていただきます。
※参加方法は、申込み画面で記入されたメールへの返信でご案内しますので、アドレス等間違いのないようにご確認ください。
※受講証明書については、研修の中でご案内いたします。
お問い合わせ先:(一社)日本環境アセスメント協会事務局
(担当者E-mail: masuyama@jeas.org)

参加される方は以下「お申込みはこちら」ボタンを押して次へ進んでください。